被害拡大の前に対処|防犯性の高い鍵でトラブル防止

鍵の交換で防犯

キー

泥棒などの侵入者が、侵入する場所として玄関や窓などがある。防犯対策を行う場合、これらへの対策が重要になる。特に、玄関からのピッキングによる侵入は多くなっており、開けにくい鍵を設置しているかにより侵入を防げるか決まるケースもある。防犯対策を高めるためには、侵入が難しい鍵を設置することが重要になる。これらの鍵では種類によりピッキングが非常に難しいものと、簡単に行えてしまうものがある。また、鍵の強度も重要であり、鍵の強度が弱いと玄関の扉ごとこじ開けられてしまうケースもある。どの鍵が防犯上優れているかについては、鍵屋に相談することでアドバイスをもらうことができ、鍵屋から適切な鍵を購入し設置することが重要になっている。

防犯性能を高めるため玄関などの鍵を交換する場合の工夫として、まずは鍵屋などの業者を活用して交換するということがある。鍵の交換では、本体をホームセンターなどで購入し個人で取り換えることもできる。しかし、この場合取り付けが不十分であったりすることで、強度が弱まりこじ開けられてしまう危険性を高める。その為、確実に鍵交換するためには、鍵屋を活用して交換してもらうことが最適となる。また、どのタイプの鍵を選ぶかも重要になる。最新の鍵では電気錠のタイプのものや、カードタイプのものなどがあり、ピッキングによる開錠が難しくなっている。電気錠のものでは、生体認証を活用するものが出るなど、開けにくい物も増えており、これらの導入が有効である。