被害拡大の前に対処|防犯性の高い鍵でトラブル防止

家庭でできる防犯対策

南京錠と家

鍵の取り替えで防犯対策

空き巣には幾つかの手口がありますが、掛かっている鍵を開けてしまうピッキングの被害が多発しています。空き巣犯の手口も巧妙になっており、証拠が残りづらく、道具の持ち運びの簡単なピッキングは、増加傾向にあります。 ピッキングの被害から家財を守るためには、鍵交換が有効です。特に15年以上経過したシリンダー式の鍵は専門家やピッキング犯から言わせれば「鍵ではない」という程に簡単に開けられてしまいます。そこで防犯性の高いタイプに鍵交換することで、住宅の防犯性を高めることができます。 鍵交換は、鍵屋さんに依頼することや、ホームセンターで購入後、工事依頼することで簡単に鍵の交換をすることができますので、古いタイプの鍵を使用している方は交換をお勧めします。

自分でもできる鍵の交換

鍵交換は多少の手間を掛ければ、自分自身でも交換可能です。 まずドアを開け、ドア側面についているシリンダー錠のカバー板をドライバーで外します。カバー板を外すと、鍵全体を固定しているネジとシリンダーを固定しているネジがありますので、シリンダーを固定しているネジを緩めると、シリンダーが外れます。シリンダーが外れた部分に、別途ホームセンターなどで購入した防犯性の高いシリンダーを取付け、取り外しと逆の手順で取り付けていくことで、鍵の交換が完了です。しかし自分での鍵交換は難しい場合は、鍵屋さんや専門の工事業者に依頼することで確実に交換できます。もちろん料金は発生しますが、自分でやるよりも手早く、しかも傷を付けたり部品を取り付け忘れたりすることなく行えます。家の鍵は防犯の要となる重要な部分ですので、確実かつ完璧に交換してご家庭の安全を守りましょう。